車の傷を修理してみる

車の傷によって修理の仕方が変わってきます。軽くこすってしまったような場合には、スプレーを買って塗っていきます。しかし、深い傷の場合にはスプレーではうまく修理をすることができません。そのため、その部分を埋めることできれいに塗ることができます。まずは、ささくれのようになった所を削っていきます。その後、脱脂をしてパテを盛っていきます。そこで、ポイントとなるのが少し多めに持っておくことです。後で平らになるようにサンドペーパーなどで削っていきます。段差があると出来栄えに影響が出てしまいます。その後、もう一度脱脂をしてスプレーをしていきます。色もカラーナンバーをみて購入をします。できればぼかし材もあると自然な仕上がりにすることができます。深い傷であまりお金を掛けたくないのであれば、筆ペン塗料を使って埋めていくという方法もあります。

車の傷を修理するのに少しは頭を使う

車に傷が着いたらどうします。普通板金塗装をしている工場へ持って行って修理して貰うのが当たり前です。しかし自分で修理できる場所もあります。それは部品の交換で直る所です。それこそ屋根や後部フェンダーを直す場合は自分ではできませんが、その他の場所ならまず90%は自分で直す事が出来ます。部品を取り換えたら後の塗装だけを専門家にお願いすれば済みます。そうすれば金額的に少しは安くなります。ただ自分で出来ない場所も必ずあります。そう言った場所の修理は今流行りのカーコンビニとか、自動車のディーラーや民間の板金塗装をやっている工場へ持って行くと良いです。しかし車を治す前に何処が安いのか電話で確かめたり、インターネットで調べたりしてから車を持って行った方が良いです。何故なら高い金額を吹きかけてくる所もたまにあるからです。やすくて綺麗に直すところを探す事です。

新車の傷の修理が簡単で済んで良かったです

先日、免許を取得してから初めて新車を購入しました。家族みんなで遠出ができるようにと選んだワンボックスカーです。今まで乗っていた軽とは違い、長距離運転でも疲れません。ところが、喜んだのもつかの間で、数ヶ月で傷がつくという悲しい出来事が起こりました。原因は子どもの自転車です。駐車場に止めていたところ、自分の子どもが裏から自転車を出す途中で擦ってしまった模様です。幸い深いものではなく、スーとした薄く長い傷でしたので修理の方も大げさな事もしないで、専用のやすりで磨けば目立たなくなりました。見つけた時はさすがにショックでしたが、いずれは走っていたら、細かい傷はついていきますし、最初が子どもで良かったような気がします。小まめにメンテナンスをしていけば、長く綺麗な状態で乗る事ができるので、これからも大切に乗っていきたいです。