車の傷を修理するには

自動車整備工場の看板の中には「車検」のほか「鈑金」「塗装」「修理」といった語が記されたものがあります。このうち鈑金とは、ぶつけたりこすったりして車のボディーやバンパーなどについた傷を、いろいろな方法で修復することです。一般にプロに依頼した場合には、一か所あたり最低でも一万円程度かそれ以上の費用がかかることを、覚悟しておかないといけないようです。しかし車体表面が大きくへこんでいる、傷が塗装の下地深くにまで達しているといった場合はべつとして、小傷やちょっとしたスレ程度のものであれば、自分で比較的簡単に直せる場合があります。カー用品店やホームセンターには、そのための道具や材料などが数多く売られており、用途や使い方などが示されたマニュアルもついているものがほとんどです。さらに、ネットにもプロ、アマ双方の修理例やノウハウなどが、いろいろと出ていて参考になります。失敗して結局プロに頼むことになるという可能性はあるにしても、仮に二、三千円程度の出費で済むようなら、まずは一度自分でトライしてみてもよいかもしれません。

車の傷を自分で修理する方法。

車を運転しているとどうしても小さな傷がついてしまいますよね。状態にもよりますが、塗装が剥げてしまっている場合はそこから腐食が始まってしまい大きな傷になりかねないので、すぐにでも対処が必要です。一番良いのは鈑金塗装を行っている整備工場などに修理を依頼することですが、時間もお金もかかってしまいがちです。そんな時、時間もお金もかからずに手っ取り早く自分で修理できる方法があります。傷が浅く、雨の日などに見るとどこに傷があるのかわからなくなる程度のものであれば、コンパウンドで磨くことでほとんどわからなくなります。しかし、雨の日でもハッキリとわかるようなものであれば、コンパウンドで磨いた後更にタッチペンなどでタッチアップが必要です。コンパウンドとタッチペン、この2つの道具があれば、ある程度の応急処置ができるので車を運転する方であれば常備しておくことをお勧めします。

車の傷の修理はすぐに対応する

車に乗っていると、どうしてもぶつけてしまったりこすってしまったりと、傷を作ってしまうことがあるかもしれません。新車の場合は余計に気になりますし、少しついただけで大騒ぎになってしまうこともあるでしょう。しかし、新車ではなかったり、長年古い車に乗っている方は、少し傷がついたくらいでは修理なんてせず、そのままにしていることもとても多いでしょう。確かに程度によりますし、いちいちお金をかけているのも大変かもしれません。しかし、できるだけ早めに修理することをおすすめします。直しやすい時期を逃すと、もう直らなくなってしまうことがあります。また無理に自分で直そうとせず、一度業者などに見てもらうこともおすすめです。自分で直して余計にひどくなったという例はよくあります。ぜひ、きちんと直してまた新たな気持ちで車に乗りたいところです。